本当の歴史に通づる

  新着情報

近年では国内でハロウィンが大盛り上がりで、大きなイベントにまで進化してきました。
しかし、日本人の多くはハロウィンは仮装・コスプレパーティーだと思っている人が少なくありません。

あなたは、本当のハロウィンを知っていますか?

ハロウィンの本当の歴史

古代ケルト人達のドルイド教という信仰では、11月1日のサウィン祭から、新しい1年が始まると考えられていました。

そしてこの新しい年は、前日の日没から始まると考えられていたため、11月1日の前の日である10月31日の夜から祭りは始まります

なぜ仮装をするのか?

ハロウィンには悪魔や魔女がやって来て災いをもたらすとされていました。

そこで、身を守るために仮面をかぶったり、悪霊や魔女の恰好をして仲間にみせかけたりしたのが、仮装の始まりです。

カボチャを怖い顔になるように目や口や中身をくりぬいて、中にロウソクを立てたもので、

悪霊を寄せ付けないためにハロウィンの晩に玄関の前に置いておくものです。

本来は「かぼちゃ」ではなく、「かぶ」を使っていました。

それがキリスト教の文化圏に広がった際、「かぶ」に馴染みの少ないアメリカ人が、収穫量の多い「かぼちゃ」を代わりに使うようになりました。

1983年に、原宿にあるキディランドで日本初のハロウィンパレードが行われました。

ハロウィン関連商品が売り出され、その販売促進の為にハロウィンパレードを行ったんだとか。

「コスプレ」と聞いて嫌悪感を抱く人は、いまやほとんどいないと思われます。

マンガやアニメなどのいわゆる「オタク」の文化が一般にも知られてきたため、

そのキャラに扮する「コスプレ」も、一つの文化として一般に受け入れられてきています。

今ではリフレも一つの文化として広く世に認知されています!

その中でもリフレヘビーユーザーの皆様なら「新宿スター」こそ最高最強美少女ナンバーワンということはもちろんご存知ですよね?

明日のピックアップりんねちゃん

(16:00~20:00)